【選手レースレポート】御殿場シクロクロス 舟山 祥弘


御殿場シクロクロス Supported by 湘南CX

result:2位

怪我も調子も走ってみないと分からなかったが、試走した段階ではコースの半分以上は踏まなくて済みそうなレイアウト。踏む区間も登りで長い登りはなく自分向きだなと感じた。火山灰を使ってるらしい砂区間の下りがあったりと面白さがあるコースでした。

今回もスタートは悪くなく無事にホールショットを取りそのままペースを作った。この時点で自分含む3人の先頭パックになっていた。登りで自分のペースが上がらず、引き離されてしまった。一気に離されるかと思っていたが、徐々に追いつく展開に変わっていき、残り4周目後半には先頭に追いついた。
先頭に出て、ペース上げて差を広げるつもりで走ろうとした矢先、シケインで落車してしまった。
最終周回まで3人パックで抜きつ抜かれつの目まぐるしい展開になった。序盤に相手2人に比べ、登れない事は分かっていたのでコース中盤にある長い登りまでには勝負を決めたいと思っていた。その登り手前までの細かい登りでアタックを繰り返していたが引き離すことが出来ず、結局は勝負所の長い登りで予想通り引き離されてしまい優勝を逃した。

レースの展開を作るという意味では冷静に組み立てて走ることが出来たのが良かった点。
先頭に出た時にミスが多くなるのが反省点。
今までC1でのレースで最後まで優勝争いをしたことがなかったので楽しいレースだったが、勝負どころがわかっている中で負けてしまったのが悔しかった。
調子も上がってきてはいるので11月のレースに向けて練習を重ねていきます。

photo by K.Kazuma

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です