【選手レースレポート】茨城CX 涸沼 積田 連

茨城シクロクロス涸沼

カテゴリ:C1
リザルト:7位
コンディション:ドライ

●使用アイテム
フレーム RIDLEY X-night
ホイール TUNE
タイヤ VITTORIA terreno mix
ハンドル/ステム ITM
サドル  PROLOGO scratch m5
チェーン KMC
グローブ ERGOGRIP
ウェア類 BIORACER
ヘルメット ABUS gamechanger
シューズ/ソックス NORTHWAVE Rebel3
補給食 ATHLETUNE
スタートオイル NAQI
インソール SOLESTAR control
コンプレッションソックス COMPRESSPORT
ケミカル MUCOFF
アフターウェア類 おたふく手袋

●レースレポート
今シーズンの最終戦。
コースは初めて走る涸沼自然公園。アップダウンやキャンバーが散りばめられていてテクニカルなレイアウトだった。
このところロードでのベーストレーニングが中心だったため、高強度トレーニング不足が否めないが、トレーニングレースと割り切って臨んだ。
私はポイントを持っていないため16番ゼッケンと、後方からのスタート。
直後の舗装路登坂で4番手まで上がることができ、先頭パックに入った。しかし前方の選手の中切れで前2名を逃してしまい、先頭2名を追う展開で1周目がスタートした。
本来であれば積極的に踏んで前に追いつかなければいけないのだが、2周目で既にオーバーペース気味。気管支の調子が悪くなっていたこともあり、一度ペースダウンをした。徐々に後方の選手にパスされて6〜7番手で落ち着く。
登りでしっかり踏んで、テクニカルセクションも攻められるだけ攻めて淡々と周回していった。結果、7位でゴールをした。
最終戦ということもあり優勝争いをしたかったが、力不足を露呈する結果となってしまい情けない。
これからはMTB、ロードシーズンに集中し、来シーズンのシクロクロスに備えます。
シーズン通して沢山のご支援、応援をありがとうございました。

SNEL CYCLOCROSS TEAM 積田 連

Photo by Kazutaka Inoue

SNEL
レースレポート

コメントする

PAGE TOP