【選手レースレポート】茨城CX 土浦 佐川祐太

【ルノーつくばpresents茨城CX土浦ステージ】

日時:2022年2月20日
場所:りんりんポート土浦 特設コース
天候:雨→曇り
コースコンディション:泥泥泥
出走カテゴリ:C1
結果:5位

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
タイヤ:Vittoria TERRENO MIX tubular (F1.8bar R1.8bar 体重72㎏)
ホイール: NASK TRADING ORIGINAL
ハブ:Tune
ブレーキローター:GALFER
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 110mm
シートピラー:ITM
バーテープ:ITM
サドル: PROLOGO scratch m5
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 023RW
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Northwave
インソール: SOLESTAR
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:ABUS GAMECHANGER
ケミカル: MUCOFF
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT
遠征用バック:CANNIBAL
アフターウエア:おたふく手袋

年明けに出場予定のレースは全て中止になってしまったので、今回の土浦が2022年初レース。
当日の朝降っていた雨で路面は泥泥。雨は止み午後には少し乾き、重たくまとわりつくような泥。舗装路の直線以外のコース大半がそんな状況なので、脚を休めるポイントが無く、低めのケイデンスで踏み続けないといけないパワーコースになっていました。
試走でも1、2周走るとバイクには泥がまとわりついてしまい、重量は重くなり、駆動抵抗も増えてより一層体力を消耗するような状況でした。レース中はなるべく早めにバイク交換する事が理想。ピット前のコースも重たい泥なのでバイク交換でピットに入ってもロスが少ない点もポイントでした。

スタートは1列目でしたが、最初のコーナーでアウト側にいたのが失敗。少し後方になりトップ3名から既に離されてしまい厳しい展開。それでも何とか1周目を4番手で通過する事に成功しました。
途中3番手まで上がるも、苦しさでミスが増えたりとまた4番手に後退。
そこからは暫く単独で耐える走り。終盤になりあまりの苦しさに、これは何の修行だろうと考えていると、追い上げてきた選手に抜かれてしまい5番手に後退。その段階でかなり脚にきてたのでペースを維持するので精一杯。抜き返す力は無く、離されてしまいそのままゴールとなりました。

レース中は作戦通りでほぼ毎周回バイク交換する形となりました。洗車してもらったバイクでコースに戻ると駆動の軽さを感じる事ができ、かなり優位な状況でレースを進める事が出来ました。これもチームのサポートがあっての事なので非常に有難いです。
シクロクロスはロードレースと比べて個人戦のイメージが強いですが、今回のような状況だとチームのサポートがとても重要で結果に大きく影響したと思います。チームで戦っているんだと改めて実感しました。
残念ながら結果は5位と振るわずでしたが、残りのレースは表彰台に登れるよう頑張りたいと思います。
レース中は沢山応援頂きありがとうございました。
引き続き応援宜しくお願いします!

Photo by T.Saito

SNEL
レースレポート

コメントする

PAGE TOP