SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

【選手レースレポート】スーパークロス野辺山 佐川祐太

【JCX RaphaSuperCross Nobeyama】

日時:2021年11月13-14日
場所:長野県 滝沢牧場
天候:晴れ
コースコンディション:Dry
出走カテゴリ:Men Elite

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
タイヤ:Vittoria TERRENO MIX tubular (F1.6bar R1.65bar 体重67㎏)
ホイール: NASK Trading CARBON DISK tubular Tuneハブ
ブレーキローター:GALFER
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 110mm
シートピラー:ITM
バーテープ:ITM
サドル: PROLOGO scratch m5
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 023RW
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス::Northwave
インソール: SOLESTAR BLK
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:ABUS GAMECHANGER
ケミカル: MUCOFF
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT
遠征用バック:CANNIBAL
アフターウエア:おたふく手袋

Day1
結果:13位

ここまで路面がDryな野辺山は初めて。気温も高く例年とは違う感じ。コース難易度は低くハイスピードなレース展開になると予想。

2列目からのスタートは珍しく上手くいき、8番手と良い位置でレースが始まる。前にいる3人ほどのパックに着いていき、この位置をキープしたかったが、キツさに負けて遅れてしまう。

遅れたタイミングで変速の調子が悪くなりピットイン(草が絡まってました)
バイクチェンジしたタイミングで10番手に後退。この順位は死守したいところだったが、後方から上がってくる選手についていけず、1人また1人と抜かれていき13位まで後退。

諦めずに1人でも抜こうとラストスパートをかけるが、残り2周のタイミングでギヤが変速しなくなる(電動変速)
昨日充電したのに何故だ!!と心の中で叫びながらレバースイッチをひたすらカチカチするが変速せず(結局はバッテリーの寿命でした)
バイクチェンジするか悩んだが、真ん中くらいの位置でギヤで止まっていて、何とか走れそうなギヤ比だったのでそのまま行くことに。

最後はシングルスピードライダーの偉大さを噛み締めながらのゴールとなりました。

Day2
結果:21位-2lap

昨日からは位置を下げて3列目スタート。
好スタートとはならなかったがまずまずの出だし。昨日の疲れはあったものの、走り出してしまえば気になるほどではなく、調子もそこまで悪くはない。腰の調子も幕張よりは幾分マシ。

展開としては、苦しい場面でも昨日と同じようなマイペースでしか走る事が出来ず、位置を下げてしまった。残り2周でラップアウトに。
トラブル無く走って完走すら出来ないのは情け無いとしか言えない。

2日間を通して、力の無さに加えて積極的に前に上がろうと言う意思が弱かった。あと一歩を踏み出す勇気も無く、自分でリミッターをかけてしまっていた。
今シーズンは4戦走って、課題が見えてきたので、次戦からは反省を踏まえてレースに挑みたいと思います。

2日間を通して手厚いサポート体制の中、走らさせて頂きました。ありがとうございました!
レース中は沢山の方に応援頂き力になりました。引き続き応援宜しくお願いします!

Photo by FABtroni+camera

-レースレポート