SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

【選手レースレポート】茨城CX#3 小久保登志貴

使用機材
フレーム RIDLEY X-night
ホイール DT Swiss
タイヤ vittoria terreno mix tubeless
チェーン KMC
ハンドル CONTROLTECH
ステム ITM
サドル Prologo SCRATCHM5 PAS
シューズ/ソックス NorthWave
ヘルメット ABUS AIRBREAKER
アイウェア SALICE
ウェア Bioracer
グローブ Ergo Grip
補給食 Athletuhe
コンプレッションソックス compressport
遠征バック Cannibal
アフターウェア おたふく手袋
ケミカル Muc-Off

レースレポート
今シーズン最終レースとなる茨城シクロクロス参戦してきました。
最終戦という事もあり気合いを入れてレース前1週間トレーニングに励みましたが、生憎の雨。ちょっと気持ちはブルーに。
朝の試走に間に合う様に会場に到着しましたが、小雨ですが降っていたので試走はパス。軽く歩いてコースを確認しました。
昼の試走の頃には雨も結構降ってコースもマッドコンディションに。気持ちを切り替えて試走に向かいました。試走時に自分のテクニックでは乗車して行くより降りて走る方が速いキャンバーがひとつあり、そこが今回のレースのキーポイントにもなりました。
そんな感じでレーススタート。スタートは無難にこなして4番手に。1周回終わるまでには2番手につけました。トップの臼杵レーシングの加藤選手とは少し差があったので必死に後を追いました。キャンバーの手前までにすぐ後ろに着けましたがこのキャンバーで加藤選手は乗車。自分は降りて走る。ここで結構差がついてしまいました。その後2周回くらいはキャンバーで離されても差を縮められていましたが段々と差を広げられてしまいました。その後も差が開いたり縮んだりを繰り返しそのまま2位でのゴールとなりました。
今回のレースで出た課題や修正箇所を見直してまた来シーズンに活かしていきたいなと思います。
また今シーズンからスネルシクロクロスチームで活動させて貰いましたが、監督を始めサポートしてくれるチーム、スポンサー様やサプライヤー様のお陰で大きく成長できた1年になりました。ありがとうございました。
しかし、目標としている結果には届かなかったのでこれからオフシーズン精進して行きます!
今回も応援、サポートありがとうございました。

photo by Kazutaka Inoue

-レースレポート