SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

【選手レースレポート】幕張クロス 向山浩司

ここ数年、外的要因で散々なレースを繰り返している幕張。
相性の悪いコースと言うのは、自分がそう思うとそこから抜け出せなくなるらしく、昨日もイマイチなレースをしてしまいました。

このコースは水はけが悪く、数日前に雨が降っただけドロドロのコースになる反面、ドライの時は徹底的にドライなコース。
そして今年は徹底的にドライ。当然タイヤはドライ用のVittoria Terreno DRY一択だと思って試走をしてみる。
ところがタイヤの感触がイマイチ。
あとで分かったんだけど、人から借りたエアゲージがだいぶ数値がずれてて、1.8気圧にしても実質的には1.4気圧くらいしか入ってなかったようで、コーナーで踏ん張りが利かない状態だった。そりゃ1.4気圧じゃ、僕の体重と僕の技術では低すぎる。
感覚で空気圧を上げて、ちょうど良いところを見つけて試走が完了したんだけど、あとからゲージで測ると2.0だったので、不安になって空気を少し抜いてしまった。この時、機械より自分の感覚を真実べきだった。
もともとパナの低圧用ゲージは個体差が激しく、いつも自分のやつを使うようにしているんだけど、それが分かっていても2.0気圧とか出ると、さすがに不安になって空気圧を下げてしまった。自分のエアゲージが見つからず、人から借りたゲージで誤った空気圧にしてしまい、レースが始まる前から躓いていた。
結局、敗因は準備不足。全て自分が悪いんだ。

後から振り返るとそんな状態だったんだけど、そんな感じのままスタートへ。
4列目からだったけど、今回もスタートは良い具合に決まり、ある程度番手を上げてコースイン。
しかし、走り出すとコーナーの度に空気圧不足に悩まされ、どんどんポジションを落としていく。

たまらずバイク交換しようと思ったが、そっちも同じ空気圧なので、そのまま替えても意味がない。
そこでピット前を通過した際に「スペアの空気圧を上げて次で出して」と指示を出す。
こんなわがままにも対応してくれるんだからSNELのピットスタッフは有り難い。
気付けばここ最近はずっとピットの世話になっている。
前の選手を脇から抜きに行って石踏んでパンクしたり、水が無くなってピットでボトル貰ったり、しょうもないことでピットの助けを借りてばかり、次こそはサポートしている人たちに成績で返したい。

そんなお願いをピットにして走り続けていると、さらにタイヤが言うことを聞かなくなってきた、後から見たらこの時すでにスローパンクをしていた。空気圧が低すぎて、根っこでヒットさせたのだろう。

そんなこんなでやっとピットに戻ってバイク交換。ちゃんと空気圧が上げて有り、やっと思い通りの走りが出来る。

ただ、この時すでに順位を落としていて、ポジションを上げたくてもなかなか上げられないもどかしい状態に陥る。
このコースは踏みまくりの直線と、全然抜きに行けないテクニカルセクションで出来ている。だから、パッシングは直線区間じゃないと難しいんだけど、自分がピットから戻って入ったポジションが、ロード系の選手が多い場所で、テクニカルセクションで遅いのに突き合わされ、直線に出るとスピードが上がってなかなか抜けないと言う状況。全ては自分のせいだけど、フラストレーションが溜まること極まりない。
それでも、テクニカルセクションで前の誰かがミスしたのをきっかけに一気にロード系パックを抜き去り、やっと自分のペースで走れるようになったが、そこから1周くらいでラップアウト。

準備でミスしてまた実力を出せなかった。情けない。
次は少し空いてマキノ。
今度こそはノーミスで出し切るレースがしたい。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート