SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

【選手レースレポート】茨城CX#2 小久保登志貴

使用機材
フレーム RIDLEY X-night
ホイール DT Swiss
タイヤ vittoria terreno mix tubeless
チェーン KMC
ハンドル CONTROLTECH
ステム ITM
サドル Prologo SCRATCHM5 PAS
シューズ/ソックス NorthWave
ヘルメット ABUS AIRBREAKER
アイウェア SALICE
ウェア Bioracer
グローブ Ergo Grip
補給食 Athletuhe
コンプレッションソックス compressport
遠征バック Cannibal
アフターウェア おたふく手袋

レースレポート
JCXシリーズ第1戦茨城シクロクロス取手ステージ参戦しました。JCXシリーズの開幕戦、今までよりレベルが上がるので、レース前1週間は特に気合いを入れてトレーニングに励みました。
スタートはゼッケン19番、2列目には入れなく3列目になりました。
場所は選び放題だったので、インコースから突っ込んで前に上がろうと思い1番右側を選択。これがあまりよろしくなかったです。
そしてスタート、前回のレースでスタートを失敗してるので少し慎重に、それとチームメイトの浅井選手のアドバイスを受け、前かがみ気味でスタートしました。
スタートは良い感じで行けました、スピードを乗せながら1コーナーまでインコースにいましたが、ここのコーナーが結構急でアウトコースからのが勢いよく曲がれ、前の選手が詰まってしまい集団に埋れてしまいます。
幕張などのコースはいつもインコース狙いで前に出れるのですがこの日の選択は失敗でした。
ですがここから追い上げようと気持ちを切り替えます。1周目の舗装路までは詰まってしまい上手く抜け出せませんでしたが、そこからペースを上げて4周目か5周目あたりから9位パックまで上がる事ができました。
そこからはパックから離されないように必死で付いていき、たまに前に出てまた付いていくそんな感じでラスト1周に。
最後の直線で2名の選手を逃してしまい、後ろの2名の選手にもスプリント負けし、13位での完走。
少し悔しい結果になりました。
今回のレースは昨年のレベルでは入れないパックに入れて、最後まで付いて行けたのは良かったですが、結局最後は競り負けてしまい、最後出し切って勝ち切る強さが必要だと感じました。
また次戦の幕張まで1週間しかないのでこのままの勢いで、もっと上を目指して頑張りたいと思います。
サポートありがとうございました。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート