SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

【選手レースレポート】茨城CX第3戦 向山浩司

先日は初開催の茨城シクロクロスの涸沼ステージに参戦しました。
同日にはマキノでUCIレースも有りましたが、全日本も控えていて、ちょっと遠方のレースはしんどいなと思って近場の茨城を選びました。

同じことを考える人も多いらしく、マキノの裏番組だけどそれなりに良いメンバー。
この中でレース負荷でしっかり追い込みつつ、成績も残したいと思って出走しました。

初開催の涸沼のコースは平坦なコース。イージーなキャンバーが有り、普通に走れば何の問題も無いけど、前に人がいて詰まると降車を余儀なくされるのが厄介。しばらく雨が降っていなかったので基本的にはドライだけど、前日にもレースが開催されて路面が削れた所が、夜露でややぬかるんだけどコーナーリングスキルが有ればそれも問題無いレベル。

タイヤはいつも通りのVittoria Terreno MIXで。このくらいのぬかるみならマッドタイヤは不要。

スタートは8番で2列目。関東とか茨城のローカルなポイントが優先されるらしく、まあその辺はしょうがない。

そしてレーススタート。
2列目からだとやっぱり2列目っぽい位置しか取れず10番前後でコースイン。
そして最初のキャンバーで渋滞。乗車で行こうとしたら前が転んでしまい、あおりを受けて自分もスリップダウン。
ここで番手を落とす。ここで番手を落とす。なんで皆カテゴリー1なのにあんなにキャンバーに苦戦するんだ。

2周目に入り、ドンドン上がって行きたところだけど、マシンのフィーリングが何故か合わなくてペースが上がらない。
先頭ではケンゴの独走が始まっていて、早く追いかけないといけないのに試走の時よりフィーリングが悪い。

実は試走で使った自転車のフィーリングががバッチリだったけど、試走で少し汚れたから、空気圧を合わせてもう1台に乗り換えてスタートした所、全く同じ仕様の自転車なのにしっくり来なかった。

3周目に入りマシンを替えることを決める。
ピットに人がいないので、マシン交換で数秒ロスするけど、バイクチェンジでスイッチ切り替えて追走のきっかけにしたいし、3周すると少し自転車も汚れて来ていたから、替えるメリットはある。スタート時に乗っていた自転車だけには気温が高いのでボトルを積んでいたので、最後にしっかり水分補給をしてバイクチェンジ。

マシンの調子もあるけど、精神的にもこれでしっかりスイッチ入れ直せたようで、ここからペースが上がる。
バイクのフィーリングも良くなってコーナーでのバイクの振りが楽になった。
とは言え、トップとは致命的な差がすでに付いていて、毎周回数名ずつパスしたものの、最後は6位でフィニッシュ。

後半は良かったけど前半が悪すぎた。
想えば幕張から2戦連続で噛み合わないレースをしてしまっている。悪いスパイラルに入りかけているので、全日本に向けて立て直しを急ぎたい。

-レースレポート