SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

【選手レースレポート】シクロクロスミーティング#4 佐川祐太

【 JCX#3 シクロクロスミーティング飯山】

日時:2019年11月10日
場所:長野県 飯山市運動公園
天候・コースコンディション:曇り→晴れ ドライ マッド
出走カテゴリ:C1
結果:26位(-2Lap)

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
コンポ:Shimano ULTEGRA Di2 クランク170mm ギア42×11-32
タイヤ:Vittoria TERRENO WET tubular (F1.7bar R1.7bar 体重66㎏)
ホイール: NASK Trading CARBON DISK tubular Tuneハブ
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 100mm
シートピラー:ITM
サドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:ITM
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012 ミラーレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Bioracer
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:HJC Ibex
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT R2
遠征用バック:CANNIBAL
アフターウエア:おたふく手袋

JCX初戦の幕張では不発。今回2戦目の飯山で挽回するつもりで挑みました。
朝の試走では前夜に降った雨でコースはマッドコンディション。泥試合になるかなと思っていたが午後には晴れて路面はだいぶ乾いてきてドロドロは回避。

ゼッケンは20番。スタートは相変わらず下手でポジションを下げる。ここで焦っても仕方がないし序盤はカオスな状況なので無理せず安全第一。無事に混戦を乗り切る。
落ち着いてきて、良しこれからというところで落車してしまう。林間区間最後の下りで前転。STIレバーの位置がズレてしまったが、すぐに再スタートできた。運良くピットまではそこまで離れていない。
バイクチェンジして走り出すがここで変速トラブル発生。トップギア固定のマッスル仕様になる。しばらくはSS乗りの仲間入り。平坦と下りは何とかなったが上りはどうにもならず。トップギアを踏める程の豪脚は持ち合わせていないのでバイクを押して進む。とりあえず後ろから来る選手の邪魔はしないように。この切ない感じは幕張の再来。
半周してバイクチェンジ。少しでも順位を上げるべく走るが細かいところでミスを連発してしまい思うように走れず。後半になって良くなってきたがすでに時遅し。
結果は26位(-2Lap)で沈みました。

今回は反省すべきところだらけでした。まずは幕張での落車のダメージが残っていたこともありスタート前から弱気になっていた点。朝から弱気な発言をしてしまい気持ちで既に負けていた。レース中も痛みとビビりで思い切った走りが出来ずにちぐはぐな感じになってしまいました。トラブル後のリカバリーもうまく出来ずどこか集中力に欠ける走りでした。
幕張、飯山と最後まで走り切れずにレースを終えているので次戦は気持ち良く走りきれるようにしたいです。

今回も万全なサポート体制でレースを走る事が出来ました。ありがとうございました。
しっかりと結果を残せるように頑張りたいと思います。
引き続きサポート、応援を宜しくお願いします。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera

-レースレポート