SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

全日本選手権 浅井秀樹

日時:2018年12月8日(土曜日)

シクロクロス全日本選手権M50

場所: マキノ高原スキー場

天候:曇り時々雨
コースコンディション: マッド

結果:マスターズ50-54 5位

いよいよこの年代(マスターズ50-54) の日本一を決めるレースとなりました。通常マスターズクラスは、40歳から60歳越えの選手が入り乱れるレースですが、このレースは年代別によるレースになります。

マキノでのレースは、初めてなので前日試走によりコースをしっかり確認。この日コースはほぼドライコンディションでしたが、夜より雨が降り出しました。

当日朝、雨でしたがコース確認の為試走を。タイヤをMIXかWETかで悩む。(自分の前のレースでコースがかなり荒れてきたので、この日はWETを選択) 試走時、アスリチューン・エナゲイン(1/赤) を補給。レース前ポケットエナジー(黒) を補給。

そしていよいよスタートラインへ。ありがたい事に、今日も最前列、右端を選択。

定刻どおりスタートが切られダッシュ。この日もスタート良く1コーナーをトップで通過。その後半周ほどは前を引っ張る。この半周は気持ちよく走行。でしたがコース後半フライオーバーを超えた辺りから、かなりの失速。2周回目の舗装路は厳しいスピードでした。ここからジワジワと後退。コース状況は、変わる事なく走れていたのですが、上り担ぎで失速しすぎでした。

3〜4周は、3位をキープ出来ていましたが、最後の1周となる5周回に入ったところで、1人抜かれ4位、この時にリヤタイヤのエア漏れに気づき、ピットまでもってくれと願いつつ走っている間にまた1人に抜かれ5位へ。無事ピットでバイク交換をしましたが時すでに遅し、トップから1分程離される形で、レースを終えました。

このレース、自分の中では上位入賞が必須だったのですが、本当に残念な結果となり悔しい思いをしています。この日も、たくさんの応援、声援をありがとうございました。次も頑張ります。

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
タイヤ:Vittoria TERRENO WET チューブレスチェーン:KMC

ハンドル/ステム/シートピラー: ITM

サドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012RW-0 クリア
シューズ:Northwave EXTREAM
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:HJC Ibex
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT R2

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート