SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

スターライトクロス(JCX/UCI) 浅井秀樹

日時:2018年11月10日(土)

場所: スターライトクロス Day1

天候:晴れ
コースコンディション: ドライ

結果:マスターズ1 (CM1) 3位

レース当日の朝、前日の雨もあり少し肌寒い中での出発、1時間程での会場到着。前回レースを踏まえて、試走時間をフルに使いコース攻略を。コースは、ほぼドライの為全乗車可を確認。お昼前よりアップ開始。と同時にアスリチューン・エナゲイン(1/赤) を補給。

今日のレースも、有難いことに4番手コールでスタート位置は最前列。右端を選択。(左端は、コースが狭くなっていたので選択せず)

PM1:10過ぎのスタート。ペダルキャッチも上手くいき、舗装路直線を踏み込み1コーナーを2番手で通過。その後最初のシケインでトップの選手が転倒。ここから前を走る展開へ。今日もこのまま最後まで逃げ切る、をモットーに走っていますが、レースはそんなに甘くなく、そこから先にスタートしたC2選手と入り乱れ順不同な状態。2人には抜かれたものの前にいる選手を一人一人追いかける。。1周目は3〜5位で通過か。大きなミスは無く周を重ねる。2〜3周は、前にいる選手と舗装路直線で離され、インフィールド内で後ろに着く展開。前に出れず直線で離される。この展開が最後まで続き最終周へ突入、ペースを落とさないよう注意しながら、攻め続けてゴールへ向かう。終わってみれば、表彰台ギリギリの3位に入ることが出来ました。今回、チェーンリングを40Tから42Tに変えた効果があったのかも知れません。そして今回も使っているタイヤ、ヴィトリア・テレーノミックスは、今コース芝区間が多かったのですが、芝コーナーのグリップ力が抜群に良かった。コーナー走行中芝がギリギリと音を立てるのが分かるくらいグリップして走り去れました。もちろん土、舗装路も遜色無く使えるタイヤです。ドライタイプのタイヤも試して見たいところですが、総合的に見ると自分には、ミックスが1番合っているかも知れません。

次は野辺山シクロクロス、泥レースでもミックスタイプが有効だと思うので使います。

この日も、沢山の応援、声援、写真を、そしてチームサポートをありがとうございました。

レース後、PM2:25よりチームメートの藤田拓海選手と、サンセットエンデューロ90分に2人で出場。拓海選手のおかげで優勝することができました。こちらの応援もありがとうございました。

次戦は、スーパークロス野辺山です。応援よろしくお願いします。

#meridabikes
#bioracerspeedwear
#vittoriatires
#saliceocchiali
#northwaveshoes
#kmcchain
#astuteitalia
#athletune
#snel_cxteam
#compressport

Photo by Kazutaka Inoue

-レースレポート