SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

茨城CX #4 向山浩司

2/24は茨城シクロクロス・土浦ステージでした。

思い起こせば、9月初めの中国のUCIレースに出るために、真夏の河川敷で基礎練しながら『やっぱりシクロクロスは冬の競技だな』とつくづく痛感したあの頃から半年。長いシーズンでしたが、この土浦のレースで今シーズン終了。イイ形で終わりたいところ。

土浦は2年前のレースに出ており、今回も細かいところは違うけど、概ね前と同じようのレイアウト。
平坦の高速コースだけど、かなり徐行しないと走れないキャンバーとか、180度ターンなど鋭角なコーナーが多いコース。

シーズンの終盤と言うことも有り、スタート地点はのどかな雰囲気。
そんな中で今回の優勝候補筆頭は加藤ケンゴ選手。今年に入ってJCXのレースでもかなり良い位置走ってるし、ローカルな大会で優勝もしている。まあ、彼を中心に今日のレースが動いて行くことは間違いない。

そんな感じでスタート。
やはりスタートと同時にケンゴが一気に前に出る。最初から全開で後続を千切りにかかる。
もうこうなってしまうと、平坦のレースとは言えパックなんか出来なくてバラバラになる。
自分も序盤は4番手か5番手辺りで様子を見る。

ケンゴが早くも独走態勢になっていたけど、自分の前でケンゴを追っているメンバーは明らかに余裕がなくて、恐らく中盤にタレそうな感じ。しかも、追っているメンバーの後ろに付いていると、後ろなのにあんまり楽じゃない。

このコース、180度ターンが多く、1列にならないと走れないキャンバーとかも有り、パックの後方に入ってしまうとストップ&ゴーが激しくて、かえって脚を削られる。

そうなると、もう割り切って、前に人がいようが、後ろにいようが1時間、たんたんと個人タイムトライアルをしようと腹を決める。
他の人のポジション争いには参加せず、ただただ省エネ走法でペースを上げていく。

そうこうしていると、目論見通り、ケンゴ以外の選手を抜いて、中盤に単独2位に上がった。
しかもよくよく前を見てみると、ケンゴとの距離が詰まっている。
『追い付けるなら、とりあえず追い付いてみるか』とここから追走を開始。
一気にペースを上げると足攣ったりしそうなので、少しずつ差を詰めていって、ラスト3周でケンゴに追い付く。

ただ、追い付いてみたのは良いけど、そこからどう動くか全く決めていなかった。

とりあえず追い付いた勢いで、そのまま行ってしまえればと、長い直線で仕掛けてみたけど、やはりケンゴもまだまだ脚を残しているらしく、簡単には逃がしてくれない。

これで、『イイ感じの直線が有れば千切りに行こう』と言う自分の手の内を見せてしまったし、今の脚の感じも見せてしまった。
打つ手がなくなって、ここから自分を先頭に完全にけん制状態に入る。半端な仕掛けは通用しない相手だから策が思いつかない。
逆にケンゴも直線のダッシュ力を見せられてるから、アタック仕掛けるタイミングを逸していたんじゃないかと思う。

結局そのまま最終周回に突入したが、動きが無いまま最後の直線へ。
この直線が終わるとシケイン⇒シケインの先は1列にならないと走れないキャンバー⇒キャンバー抜けるとすぐにゴールと言う感じ。

つまり、シケインに先に入ったらほぼ勝利が確定する。

最後の直線で自分が目いっぱいしかけて見たけど、結局ケンゴは降り切れず、おまけに直線最後の緩い左コーナーで勢い余ってコーナーの外側に大きく膨らんでしまう。

するとすかさずケンゴがイン側から抜きに来て、外に膨らんだ分を戻そうとする自分と少し交錯。
思わず「悪りぃ、悪りぃ。ごめん!」と叫びながらラインを譲る。

これでケンゴが先頭に立ちそのままシケインへ。
『あ。こりゃもう2位だな』と諦める。

しかし、ケンゴがシケイン通過後の乗車にもたつく。
それを見て反射的に左から抜いて、先頭に立つ。

そこからはキャンバー等細々した箇所を抜けて、短い直線で一気にスプリントし、そのまま先頭でゴール。
もう最後は殆どまぐれ勝ちだった。

振り返ってみれば、AJOCCのカテゴリー1での優勝は、20年くらい前、学生の頃に勝った富山シクロクロス以来。
思いがけず、今シーズンラストレースで勝ってしまいました。

とうとう40の大台にも乗ってしまいましたが、まだまだやり方次第では前より速くなれるなと感じた今シーズン。
色々得るものが有りましたが、もっと速くなれるよう、サマーシーズンもオフトレを頑張ります。

Photo by K.Okamoto

-レースレポート