SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

湘南CX #3 積田連

湘南シクロクロス 第3戦 開成

日時 2019年2月17日
場所 神奈川県足柄下郡開成町 開成水辺スポーツ公園
コンディション 晴れ/ドライ
出走カテゴリ C1
リザルト 2位

使用機材
フレーム RIDLEY X-NIGHT 50
ハンドル/ステム ITM 400mm/90mm
サドル ASTUTE skylite vt3.0 FLUO
チェーン KMC chain
グローブ ErgoGrip
ウェア BIORACER
ヘルメット HJC ibex
シューズ/ソックス NORTHWAVEextreme xc
補給食 Athletune
コンプレッションソックス Compressport
遠征バック Cannibal
アンダーウェア/キャップ おたふく手袋

初めての湘南クロス。チームからはC1に5人エントリーしており、優勝は必須、表彰台の独占が目標だった。自分としてもここ数戦はまともな勝負が出来ずにいたので悪い流れを止めたいところ。
コースはど平坦で、長いストレートと細かいコーナーのみのスピードコース。苦手な部類なものの、このところはフィジカルは上がってきているので不安は無かった。チーム員も多いので上手くロードレースの様な展開に持ち込めば勝てると考えていた。
レース直前は試走で上げきり、長めにローラーを回した。前橋での落車で膝と手首、肋骨を負傷していたので、いつもよりは軽めにアップを済ませることにした。
ゼッケンは1番、グリッドは前列中央。上手く反応しチームメイトの藤田選手に続いて第1コーナーを通過した。
その後すぐに同じチームメイトの中村選手の引きから自分が先頭に立ったものの、今回マークすべき松田選手だけが後ろに付いていた。2人で先頭が固まり、1対1の展開に持ち込むつもりだったが、シケインで降車後、足を板に引っ掛けてしまい派手に前転。松田選手を逃し、大きく遅れを取ってしまった。
すぐ後ろに同じくチームメイトの向山選手が迫っていたので合流、パックで先頭を追うことにした。
差は20〜最大25秒ほど。2人で先頭交代しながら追うが、中々差が縮まらない。自分もアップが足りていない為か引きが弱くなってしまった。
5周目あたりで、向山選手がコーナーで落車。自分が1人で追う展開となった。この辺りからようやく踏めるようになってきたので全力で先頭を追った。一周あたり約5秒ずつ詰めていき、最終周回には7秒ほどに。それぞれの直線を全力で踏んだものの、4秒遅れてフィニッシュ。
またもや結果を出す事が出来なかった。今回はチームとしてもあってはいけない結果。展開からして自分が勝たなければいけなかった。この上なく悔やまれるものの、これもまた実力。シクロクロスの難しさを改めて思い知らされた。しかし、後半にこれだけ上げられるレースは今まで無かったので、成長を感じられる面もある。次戦の東北クロス最終戦はシリーズ優勝もかかっているので全力で臨みたい。

皆様いつも応援、サポートありがとうございます。
SNEL CYCLOCROSS TEAM 積田 連

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート