SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

前橋CX #2 佐川祐太

【JCX#12 前橋シクロクロス】

日時:2019年2月10日
場所:群馬県 前橋市岩神緑地
天候・コースコンディション:晴れ、ドライ
出走カテゴリ:C1
結果:11位(top +4:51)

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
コンポ:Shimano ULTEGRA Di2 クランク170mm ギア42×11-32
タイヤ:Vittoria TERRENO WET tubular (F1.9bar R1.9bar 体重66㎏)
ホイール: NASK Trading CARBON DISK tubular
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 100mm
シートピラー:ITM
サドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012 ミラーレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Bioracer
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:HJC Ibex
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT R2
遠征用バック:CANNIBAL

前橋シクロクロスに参戦してきました。前橋は一昨年C2→C1に昇格したコースで今年からレイアウトが変わっていましたが相性は悪くないはずなので目標は10位以内。JCX最終戦なので出来るだけ良いかたちで終えられるようにしたいと思っていました。
ただフィジカル面ではシーズン初めに比べると下降気味なのでレースを走ってみないと調子が読めない状態。少し不安を残してのレースとなりました。

会場には渋滞により予定より遅れて到着しましたが長めに朝の試走時間が設けられていたおかげでしっかりとコースを確認する事が出来ました。
雪の影響は無く路面は完全にドライでしたが風が強くスタートが近付くにつれて強さを増していき気温以上に寒く感じました。
身体を冷やさないようにテント内でローラー台を使い早めにウォーミングアップを開始しました。しかしテントに吹き込んでくる風が強くローラーを回していても身体が冷えてしまうような状態で結局上げ切る事が出来ずにウォーミングアップを終えました。不安だらけでスタート迎える事になりましたがやれるだけのことはやるつもりでスタートに並びました。

今回ゼッケンは12番でスタート位置は2列目。トップ選手が目の前にいるので何とか離れずについていきたいところ。最近は序盤のミスでポジションを下げてしまう事が多いのでスタート直後は冷静に丁寧に走る事を意識しました。スタート後は強度が一気に上がり視野が狭くなりがちなので周りの選手の動きにも注意を払うようにしました。

スタート後は15番手前後の位置。もう少し前に上がらなければと思うも抜きどころの少ないコースとフィジカル面での余裕の無さから前にポジションを上げる事が出来ずにしばらく走りました。砂利区間やパンプトラックに苦戦しながらも集中力だけは切らさないようにしました。その後は同じ位の位置を走る選手と抜きつ抜かれつしながら最後は11位でゴールとなりました。集中して走れましたが物足りない走りとなってしまいました。

今回の反省点はファジカル面で落ちてきていることもあり少し無理してでも前に上がろうという積極的な動きが出来なかったこと。余裕が無いため守りに入ってしまい後手に回ってしまいました。
しかし余裕が無い事でいつも以上に頭で考えてロスを無くす走りを心がける事が出来たのでその点は良かったと思います。
目標の10位以内にはあと一歩届きませんでしたがJCX戦でこの位置で走りきれるようになったことは自信に繋がりました。来シーズンに向けて良い最終戦だったと思います。

次戦は2月17日湘南シクロクロス開成に出場予定です。今シーズン最後のレースとなるのでしっかりと結果を残して終われるようにしたいと思います。応援宜しくお願いします!

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート