SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

東北CX #4 佐川裕太

【UCI-C2 東北CX ざおうさまカップ】

日時:2018年1月20日
場所:宮城県 蔵王町総合運動場
天候・コースコンディション:晴れ、ドライ
出走カテゴリ:Elite Men
結果:17位(top +3:09)

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
コンポ:Shimano ULTEGRA Di2 クランク170mm ギア42×11-32
タイヤ:Vittoria TERRENO WET tubular (F1.9bar R1.9bar 体重65㎏)
ホイール: NASK Trading CARBON DISK tubular
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 100mm
シートピラー:ITM
サドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012 ミラーレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Bioracer
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:HJC Ibex
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT R2
遠征用バック:CANNIBAL

東北CXシリーズざおうさまカップに参戦してきました。
遠方である事と初めて走るコースという事を考慮して前日入りして試走を入念に行いレース本番に備えました。

当日の天気は晴れ。会場入りして準備して直前の試走へ向かいました。他のカテゴリーが走った後だったので前日と比べてコースコンディションがかわった部分もあり少し手こずったものの上手く対応できたと思います。全体的には乗りやすくなっていた印象。

スタートは三列目。スタート後の舗装路の直線はまずまずの位置。本当はもう少しポジションを前に上げたかった。
最初の周回は強度も高く余裕が無い事もありミスしてポジションを下げてしまう事が多いので今回は出来るだけ冷静に。が、前が詰まった際にコース脇に外れてしまいコーステープに足が絡まる。落車はしなかったもののしばらく足止めを食ってしまいポジションを下げてしまう。その後のキャンバー区間でもラインミス。数名にパスされる。まだ前は見えているので追いかけるが差がなかなか詰まらない。その後は大きなミスは無く進めていく事ができたが順位を上げる事が出来ずにゴール。

今回はコースに関しては試走を入念に行なって良い感触を得てスタートする事が出来ました。まだまだ詰めが甘い部分もあるのですがシーズン初めの頃にくらべると良くなってきていると思います。
フィジカル面ではピーク時からは落ちてきている感覚があるので立て直せるようにトレーニングに集中したいです。

次戦は2月10日前橋シクロクロスに出場予定です。
引き続き、応援宜しくお願いします!

-レースレポート