SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

東海CX #5,6 佐川祐太

2019/01/17

【東海CX 愛知牧場】
【JCX#11/東海CX 愛知牧場】

日時:2019年1月12日、13日
場所:愛知牧場
天候・コースコンディション:晴れ、ドライ
出走カテゴリ:C1

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY X-NIGHT
コンポ:Shimano ULTEGRA Di2 クランク170mm ギア42×11-32
タイヤ:Vittoria TERRENO WET tubular (F1.9bar R1.9bar 体重67㎏)
ホイール: NASK Trading CARBON DISK tubular
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 100mm
シートピラー:ITM
サドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012 ミラーレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Bioracer
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:HJC Ibex
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT R2
遠征用バック:CANNIBAL

【1/12 愛知牧場C1】

リザルト 1位

年明け最初のレース。愛知遠征は2日目のJCX戦をメインとして1日目は調子の確認と2日目に向けてコースに身体を慣らすことを目的とした。
スタート位置は東海シリーズ戦のポイントを持っていないため最後列スタート。それが逆に良かったのか気負いする事なくリラックスしてスタートする事が出来た。
まずは早い段階で先頭まで追い付く事が先決。しかしスタート直後集団に埋もれてしまい上手く前に上がる事ができず。同じ列に並んでいたチームメイトの小島選手は上手く抜け出したようで先頭付近まで上がっていった。流石ジュニアナショナルチャンピオン!
出遅れてしまったので少しでも前でゴールする事を目標にして少しずつポジションを上げていく。
しかし途中シケインでミスして転倒。機材や身体は平気だったが観客がたくさん見守る中の失態で精神的ダメージを受ける(これ重要)
再スタート後は気持ちを切らさないように走る。6位くらいのパックが見えて、これはもしかしたら表彰台狙えるかもと思い始めて気合いが入る。ピットからは現在の順位と前とのタイム差を通過するたびに伝えられる。このおかげで現状の把握ができて気持ちを切らす事もなく走れた。
前に追い付く事に集中して走っていると残り2周回でトップに追い付く事が出来た。少し後ろについて様子を見たが相手の選手も苦しそうだったので前に出て一気に突き離す事に。離れてからはミスしないようにより集中して走った。
ゴール前。やはりトップでゴールするのは気持ち良いもので至福の時間だった。C1初勝利。
2019年のスタートを良い形で切れ、明日に向けても良い感触で終えられた。

【1/13 JCX#11 愛知牧場C1】

リザルト 24位

前日の疲れはやや残るが問題ないレベル。と思っていた。今回はゼッケン18番の3列目。スタート後に出来るだけ前に上がってトップグループに入る事を目標とした。
スタートは悪くなく比較的前に入れたが少し脚が重い感じ。
途中良い感じの位置で走れていたがシケインでミスして転倒。それも昨日と同じ場所…。今回は後続を巻き込んでしまい復帰にも手間取る。昨日以上に精神的ダメージを受ける(前日比2.5倍)
サドルがずれてしまったのでピットでバイクチェンジ。
順位を下げてしまったが諦めずに走る。しかし転倒した際に脚を痛めてしまったようで痛みで力がかけられない。踏み方を変えて誤魔化しながら走るも今度は前日のツケが回って脚が無くなる。もうどうしようもない感じに。一緒に走っていたグループでも上りで離されて下りで追い付くという自分的には珍しい展開に。
結局順位を上げるどころか下げてしまいゴール。手応えがあっただけに悔しい結果となってしまった。

愛知牧場は天国と地獄。2日目の結果は残念だったがスタートから序盤までの感触は今までで一番良かったと感じた。昨年参戦した時はコースに対して苦手な印象だったが今回は良い感触で終えられた点も良かった。これは来シーズンに向けて良い収穫であり2日間参戦して良かったと思う。
また昨年よりも会場やギャラリーが盛り上がっているように感じた。応援も凄くて2日目のもじゃコールには正直驚きました。
応援して頂いたみなさんありがとうございました!応援のおかげで最後まで走りきる事が出来ました。
また来年も是非参加したいと思える大会でした。

次戦は1月20日東北CX蔵王に出場予定です。
引き続き、応援宜しくお願いします!

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート