SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

宇都宮CX 向山浩司

先週日曜日は宇都宮シクロクロスに出場しました。

情けない話ですが、一言でいえば全然踏めず、良い所が無いレースでした。

全日本選手権が終了して1週間。
細々した予定を全て全日本後に後回していていたので、色々と忙しく全然トレーニングが出来ない1週間を経てのレース。

スタート直後のダッシュで脚が回らず遅れを取り、後方に沈んでから、遅れを取り戻すべく踏み直すも、下位の選手とあまり変わらないスピードしか出せず、本当に脚が回らなくて『今日は調子が悪すぎるからリタイアしようかな』と言う考えが幾度もよぎったが、チームはいつも通りサポートをしてくれているし、自分はプロみたいに調子が悪い時は捨てレースにするのが望ましいような大そうな身分では無い。
サポートしてくれている人に対してはやめるのも申し訳ないし、下位を走行しているのも申し訳ない。

どんなに後ろを走っていても、レースである以上は、ひとつでも上の順位を目指そうと、悪いなりに出来る限りのペースで走る。

幸い、唯一良かったのは、TKCマウンテンの直登の激登りを2本とも全登りで行けたこと。
直線で他の選手を抜けるほどペースを上げれない中では、ああいうポイントで一気にジャンプアップするしかない。
そんな感じで僅かながら順位を上げていく。
まあ、ある程度の位置の選手は全員、直登の登りは全部乗車だったらしいけど。

そんな感じで調子悪いなりに悪あがきして34位(-4lap)
何も言い訳で気ない。ただただ弱かった。

全日本のリベンジを早く果たしたいけど、何も準備出来ていない状態で走った宇都宮はなるべくしてなった負けレースだった。

シクロクロス東京がない今シーズン。
自分はシーズン後半の最大の目標を1月の蔵王に設定しています。
あと1ヶ月。再び全日本に向けて厳しいトレーニングをしたようにしっかり準備し、UCIポイントを獲得してさがえの再現をしたいと思います。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート