SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

湘南#1 向山浩司

先週末は湘南シクロクロス第1戦。階段が名物の中井でした。

最近微妙にトラウマすら感じる湘南シクロクロス。
全日本を前にここで良いレースをして弾みを付けたい所でしたが、湘南はそう甘くなかったです。

コースは概ね去年と同じ。
名物の階段をはじめ、C1だけ登場する急斜面の担ぎも有り、合計3回も担ぐコース。
試走でゆっくり走っても息が上がり「担がせるね~」とほぼあきらめの境地。
毎年苦戦していた裏のジグザグ区間に関しては、今年はコーナー曲がれてるので特に問題無し。
やはり担ぎと担ぎ後のリカバリーがキーポイントか。

そんな感じでスタートへ。
ゼッケン1なのでそれ相応の成績を残したいところだけど、去年も3戦とも苦しい想いをしてややトラウマになりつつある湘南だけに、ヘンな気負いはない。出せる最大のパフォーマンスを発揮するだけ。

ただ、1列目ど真ん中からのスタートってのも慣れて無くて、そこには正直不安を感じた。
何せ前に誰も居ないから、どれだけ突っ込んで入るか迷う。

けど、まずまずのスタートが切れて、チームメイトの佐川とワンツー体制で最初の階段に入れて、ここまでは理想的なスタートが切れた。

しかし、
最近の湘南の帝王、ユーキャンの品川選手が、後ろスタートなのにもう階段で前に上がってきた。
いずれ来るのは分かっていたけど、まさかこんなに早く来てしまうとは。

品川選手のことは一旦見なかったことにしておいて、ここから自分のレースを組み立てていこうと思ったが、やたら担ぎ区間で人に抜かされる。
おまけに焦ると脚を滑らせてもたつく。
ヤバい、俺超担げてない!

それでもコーナーは調子良く曲がれてるし、舗装路もしっかり踏めてる。
攻め方を間違えなければ中盤からでも盛り返せるぞと思って頑張るけど、担ぎが本当にしんどい。

そして終盤は担ぎで脚削られて、いよいよ舗装路でもペースが上がらなくなってきた。
本人的には良いペースを刻んでいるつもりでもズブズブ行かれ、気が付けば10位まで順位を落としてゴール。

「いや~、今日は調子が悪かったんですよ~」みたいな言い訳が有れば、まだ救いようが有るけど、調子は悪くなかったし、しっかり走れたつもりなのに、結果的に大惨敗なので、正直凹むし、全日本に向けて不安を残すレースをしてしまった。

今回の負け方はけっこうショックだけど、泣いても笑っても全日本まであと1週間なので、やれる限りの準備をして臨みます。

Photo by K.Kazuma

-レースレポート