SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

スターライトクロス(JCX/UCI) 佐川祐太

【JCX#5/UCI-C2 STAR LIGHT幕張 レースレポート】

日時:2018年11月10日 (土)
場所:幕張海浜公園
天候・コースコンディション:晴れ、ドライ
出走カテゴリ:Elite Men
リザルト:16位(Top+04:49)

〜使用機材〜
バイク:RIDLEY
コンポ:Shimano ULTEGRA Di2 クランク170mm ギア42×11-32
タイヤ:Vittoria TERRENO WET TLR (F2.0bar R2.0bar 体重65㎏)
ホイール:Vittoria ELUSION DISK
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 440mm
ステム:ITM 100mm
シートピラー:ITM
サドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 006 クリアレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Northwave EXTREAM Air Socks
グローブ:Ergo Grip EBK-1201
ヘルメット:RH+ EHX6055 ZY
補給食:ATHLETUNE
アップオイル:NAQI
リカバリーウエア:COMPRESSPORT R2
遠征用バック:CANNIBAL

去年初めてのスターライトクロスの結果は73位-5Lapと惨敗。ここのコースはあまり良い印象が無くて苦手なコースの部類に入っていた。そんなイメージのまま会場入り。

ウォーミングアップをして試走へ向かった。
天気が良く気温も高めで路面はほぼドライ。去年の泥コースとは全く別のコースになっていた。去年は降車した登りも乗車でクリア出来る。踏み踏みのスピードコースになっていた。これは自分にとっては有り難い。試走の後半に今回の勝者Anthony Clark選手の後ろを走らせてもらった。バイクに乗るというよりは一体になって走っているような感じは後ろについているだけで勉強になるし興奮した。すぐに離されてしまったが良い経験になった。

試走が終わり少しずつ暗くなって気温も落ちてきた。いよいよ本番という感じ。身体が冷えないように早めにローラーを回しておく。
ローラー後にNAQIのアップオイルを塗ってスタートに備える。NAQIのオイルは初めて使用したがベタつきも無く香りも良くgood。

今回の目標は完走。弱気な感じはするが海外からの招待選手がいる事を考えると完走者は必然的に少なくなると予想されるので今の自分のレベルからすると強気な目標。
前回の寒河江の時はスタートから突っ込み過ぎとの指摘をチームメイトの向山さんに受けたので今回はスタート後は無理し過ぎず冷静にいけるように。

辺りが完全に暗くなりコールアップへ。
ゼッケンは28番で4列目。ギャラリーが多く緊張したが1時間苦しむ覚悟を決めてスタートを待つ。

スタート。

クリートキャッチは成功。最初のコーナーでイン側から少しポジションを上げる事が出来た。この時で20番手前後か?無理しないペースでミスしないように丁寧に走る事を意識する。
集団が割れ始めたので前へ上がっていきたいが決して楽なペースでは無いので前に出るのを少し躊躇してしまい上位パックからは出遅れてしまうかたちとなった。
8名程のパックに入りレースを進める。ここからは人数を減らしながら進んでいき4名程に。
前にいたもじゃ仲間の臼杵加藤くんとも合流。途中加藤くんはチェーン落ち。運が無いヤツだなぁと思っていたらピット手前だったのでそのままピットになだれ込んでいった。運が良いヤツだなぁ。
レースが終盤に差し掛かるとジャイアントの門田さんとの2人パックに。上位選手と一緒に走れる良い機会なので遅れないように付いていく。途中少しでもペースを上げられればと思い前に出るがどうしてもラインどりでギクシャクしてしまいペースが上がらない。直線区間で挽回すべく踏んでいく。苦しくなって来た所で交代するがそのままテクニカルな区間に入り遅れてしまう。
ここから残り1周半を一人旅。正直ずっと周回板を見る余裕が無く最終周回に入る前の周に実況の声で知った。
最終周に入り完走出来たとホッとしたが少しでも順位を上げるため前を追いかける。
前方には選手がギリギリ見えているが差を詰める事が出来ず16位でゴール。

目標である完走は何とか達成する事が出来たが今ひとつ物足りない結果となってしまった。実力通りの結果と言えばそれまでだがもう少し順位上げられた感じはするので悔しさが残る。

今シーズンはこのレースで3戦目。身体がだんだんとオフロードに慣れて来ているので調子を上げていきたいと思う。

レース中は毎周回ピットからタイム差やげきを飛ばしてもらい苦しい時でも集中し直す事が出来ました。
チームスタッフのサポートも完璧でレースに集中する事が出来ました。
また応援してくれる方も沢山いて最後まで頑張ることが出来ました。
本当にありがとうございました!

次戦は11月18日Raphaスーパークロス野辺山day2(長野県 滝沢牧場)に出場予定です。
引き続き、応援宜しくお願いします!

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート