SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

東北シクロクロス#1 藤田拓海

お疲れ様です。寒河江レポートです。

JCXシリーズ第4戦寒河江ラウンドに参戦してきました。
リザルトは17位と前戦の小貝川に比べてかなり順位も上げることができました。
今回は前回の反省を活かし、しっかりと準備をしてレースに臨んだ。
今回新しい試みとして、レース前のアップを何時もならローラーで行なう所をチームメンバー全員で会場付近の道路で行う事とした。これが後々、良い影響を与えてくれた。
会場に戻ったら軽めのギヤで脚を回し、athlituneの赤を飲み招集へ。
そしてスタート。ギヤ選択を間違えてかなり出遅れたが、ストレートも長いことからすぐに追いついた。(後続の選手にはご迷惑をお掛けしました。すみません)
やはり1周目はペースが速くとても今の私では第1パックに付いて行く事が出来なかった。
すぐ後ろまで迫っていた第2パックに何とか入れてもらい後ろで少し休みながら周回をこなして行った。
レースも半分過ぎ、徐々に心拍に余裕が出てきて、ここからという時に前輪がパンク。
3、4選手に交わされてしまったが、幸いにもスローパンク。ペースを少し落とし何とかピットへと向かった。バイクをチェンジしコースに戻ると、この寒河江から新しく同じチームメイトとなった佐川選手率いるパックがやってきた。この集団に乗り込みレースはいよいよ終盤へ。
最終周回に入り、心肺的にもまだ余裕があると思った私はここで思い切ってアタックを掛け逃げを試みた。しかし、想像以上に脚が回らず寧ろ失速。またしても順位を落としてしまう。そこから我慢のレースとなりコース終盤で選手を一人交わしゴール。
苦しいながらも何とか20位以内には入れたが、脚力がまだまだ足りないと痛感した。
次戦は幕張。個人的に毎年何かしらのトラブルで終えてしまうこのコースですが、今年こそは何とかいい所を見せたいと思います。応援よろしくお願いします。

使用機材
Bike : MERIDA CYCLOCROSS CANTI
Wheel : Vittoria QURANO 46
Tire : TERRENO MIX tubular
AIR : F/R 1.7bar

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート