SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

シクロクロスミーティング#2 向山浩司

2018/11/05

先週末の富士山、18位。
踏めなかったです。

富士山・さがえと続く重馬場2連戦の初戦。
試走した感じでは、例年通りの重馬場。「ここ走ったら走り軽いよ」みたいなラインも特に無く、ただただ踏むのみのコース。
1時間タレないギリギリのところで如何走ったら良いかなと言う感じ。

朝がたは寒かったのに、日が高くなるにつれかなり暑くなり、予想外にボトル不可欠のコンディション。アンダーウェアを着用せず、少しでも涼しくなるように工夫してスタート地点へ。

中途半端に2列目に入ってしまい、おまけにそこそこスタートが上手くいき、すげ~ペースのパックに入ってしまう。
本来はこの位置で勝負して行きたいところだけど、このタフなコースでこのペースを維持したら、確実にタレるので、弱気だなと思いつつ、ポジションを意図的に下げる。
(※まあ、こんなことやってる時点で調子良くないんだけど・・・)

しかし、意図的にポジションを下げたつもりが、後ろからバンバン抜かれ、微妙な所までポジションを落としてしまい踏み直す。全然自転車が進まない重馬場に対応すべく、臀筋を使ってトルクをかけようとするけど、調子が悪い時はこれが上手くいかない。

中盤、周りもペースが落ちてきたので、いよいよ本格的に追走に出ようとペースを上げてみたものの、上げたペースが長続きせず、大した追い上げも出来ず。。。

終盤は脚が苦しくなってきたけど、ペースを落とさないように頑張りながら、前から落ちてきた選手を数名パス。
そんな感じで18位で終了。あと1周多かったら完走すら危なかった。

去年だったら18位で満足していたけど、今年はもっと上を目指しているので、今日の内容では全然納得がいかない。
不甲斐ない走りをしてしまった。。。
「あの時もっと攻めれば良かった」みたいなことばかり考えて悔いが残る。

まあ、原因がフィジカルの問題なので、向上させるには時間が必要だけど、さがえに向けて弾みを付けたい所だったのが逆に不安を残し結果になってしまった。
1週間でやれることは限られるけど、少しでも修正して、さがえでは出し切るレースをしてリベンジしたいと思います。

-レースレポート