SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

     

レースレポート

茨城CX#2 向山浩司

先週末は茨城シクロクロスの取手ステージでした。
取手って言うより、小貝川って言う方が馴染んでますが、言わずと知れた国内の本格的なシーズンインを知らせるレースです。

自分は中国と稲城で既に3レース走っているので、小貝川から始動の選手と比べると多少は有利な点もありますが、中国から帰ってから色々忙しく、思うようにトレーニング出来なかったうえに、けっこう疲れが溜まっており、どこまで走れるか不安も有りました。

タイヤは今シーズンもVittoriaのTERRENOを使用しており、オールラウンドなMIXか、ダイヤ目のDRYのどちらか迷ったけど、まだぬかるんでいる場所が有るのと、パック進むレースなので上手い選手とテクニカルセクションで互角に走れるようにコーナーリングを重視して、オールラウンドなMIXを選択。MIXは転がり抵抗低いから色々使える。

そんな感じでスタートへ。
4列目からのスタートなので色々厳しいなと思いつつ、真ん中からスタートして第一コーナーの内側のラインに向けて右に寄って行ったら、いい具合にスタート切れて、その後も1周目のインフィールド区間でポジションアップに成功。

スタートに失敗した宮津選手が猛烈に上がってきたので、渡りに船だと思いこれに飛びつく。
しかし、宮津列車はなかなか強烈で、コーナーの足りあがりダッシュが凄くて2周くらいで振り落されてしまった。

それでも今日はパックに恵まれているらしく、すぐにまた次のイイ感じのパックに合流。前から落ちてきた選手を吸収して進む。
正直、フィジカル的には、まだコンディションが上がっている感じがしなかったけど、多摩川の河川敷のコースでコーナーワークを鍛えていたので、なんか立ち上がりが楽で無駄脚使わずに済んでいる。

ただ、後半に入るといよいよ脚にきはじめて、パックの最後尾でヒラヒラしているだけで余裕が無い状態になる。
そんな中、前を走っていた江越君がスリップダウンして、あおりを喰らってしまう。
何とか自力で中切れ埋めて、前のパックに追い付きそうになる。。。

しかし、

さすがに余裕が無かったのか、追い付きざまにパックの最後尾だった兼子選手におかまを掘るようにはすってしまう。
(ホントすいません・・・)

ここでまたスローダウンして置いて行かれ、一人旅になり、最後は走りが不安定になった所で積田君にも捕まり、18位でフィニッシュ。

思っていたより良い出来だったと思うけど、後半詰めの甘さが出たし、テクニックが向上しているので、もうちょっと勝負したかったな。もっと上を狙える手応えを感じたので、富士山・さがえと続く重馬場2連戦に向けて、引き続きトレーニングに励みます。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート