SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

茨城CX#5 浅井秀樹

日時:2018年2月25日(日)
場所: 茨城CX 城里うぐいすの里ステージ

天候:晴れ
コースコンディション: ドライ

結果:マスターズ1 5位

〜使用機材〜

バイク:MERIDA CYCLOCROSS 6000
タイヤ:Vittoria Cross XG Pro(前後輪1.90bar)チューブレス仕様
ホイール:Vittoria ELUSION DISK
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer

アイウェア:SALICE

グローブ:Ergo Grip EBK-1201 Black/gray L size

ヘルメット:RH+ EXH6074 Z-Epsilon シャイニーイエロー

サドル:astute italia

ジェル:ATHLETUNE ポケットエナジー(アップ中) スピードキュア(レース終了後)

AM7:00より、試走開始。このコースはシクロクロス開幕戦とした時に走ったコース。基本は、そのままのコースが基本になっているようだ。1周回コースを思い出すように試走。

2周目は、所々段差でリム打ちがあった所を、実際にバイクを降りて、その場所を確認。よく見ると、落ち葉の下にはコンクリートが…しっかり確認できて良かった。パンクを少しは回避出来るだろう。そうこうして、試走は2周回で終了です。もちろん80段の階段と冒険の丘でのバイク担ぎによる山登りも含めて。

AM9:21スタート予定でしたが、前スタートのC2クラスに落車があり少し遅れてのスタート。

マスターズは、綺麗にスタート。1コーナーを慎重に4位で通過。グランドを過ぎると、最初の難関80段の階段上り。もちろんバイクを担いで上ります。登り終える頃にはフラフラです。そこを抜けて少し走れば、下り区間。ここで少し脚を温存。ここを終えると、名物冒険の丘のバイクを担いでの山登り。本当にキツイです。ここから、またグランドに戻って1周回終了。

1周回10分を超えるダイナミックなコース。走る方はキツイんですがね…

2、3周は、キツイながら無難に周回。階段上り、山登りを終えるとクラクラです。

4周目、前も後ろも離れてしまい少しテンションも落ちてしまいますが、諦めず前を追います。階段をこなし、下り区間を楽しみ最後の山登り。周回ごとに足場も悪くなり登り難かったのですが、最後の登りと思い 足早に。ここを越えれば、グランド出てゴール。

最後のゴール前も残る力を出し切りゴールへ。

今回も厳しい戦い。来シーズンに向けて直ぐにスタートして行くつもりです。

今日もたくさんの応援、声援をありがとうございました。来シーズン更に頑張りたいと思います。よろしくお願いします。

#snel cyclocross team
#meridabikes_cyclocross6000
#rh+_helmets
#vittoriatirs_terreno.mix
#astute_saddle
#northwave_shoes/socks
#saliceochiali_glass
#ergogrip_glove
#silic_bartape
#athletune

-レースレポート