SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

湘南CX#3 向山浩司

先週末は湘南シクロクロスでした。

場所は前回と同じ開成。
平坦でロード系が有利なコースかと思いきや、荒れた芝生での細かいジグザグが多く、マウンテンバイク系選手が細かい所でもの凄く速いコース。

前回同様、午前中のクラスを走る選手と一緒に行ったので朝一試走に合わせて早めの会場入り。
試走してみると、やっぱり今回も細かいコーナーが多くけして簡単なコースでは無い。
本来はダイヤ目を使いたいところだけどノーマルタイヤをチョイスしてスタートへ。

そして、1列目からスタート。
しかし、ペダルをはめようとしたら踏み外し、そのはずみで反対のペダルまでリリースしてしまいノーフット状態に。。。

慌てて体制を立て直して追いかけるも、龍太郎&拓海のSNEL列車に乗り遅れる。。。

その後は、いつもキレッキレのコーナーリングスキルにやられ完敗を喫しているドロワーの鈴木選手が後方から上がってきて合流。
相変わらずテクニカルセクションの細かい動きが超上手い。
コーナーでの遅れを踏み出しのダッシュでカバーすると言う必ず負けるパターンにはまってしまい、たまらず2周くらいで千切られる。

それにしても、今日は全然コーナーで自転車が曲がってくれない。
何が原因なのかフィーリングを慎重に確認すると、僅かに空気圧が高過ぎてコーナーリング中にタイヤが地面に喰い付いていない。

どうしようか悩んだ。
本来ならスペアバイクの空気圧をピットに指定して、良い状態のマシンに交換すべきなんだけど、試走中にフィーリングで合わせてしまったものだから空気圧がいくつか分からない。

そこで悩むこと2周。
このままではペースが上がらないと判断して、一旦停止して、自分で前後の空気圧を抜いて再スタート。
タイムロスも大きかったが、コーナーでのフィーリングが格段に良くなって一安心。

しかし、一段落ついた瞬間に「そうだ、ピットで一度マシンを預けて、スペアバイクで半周走っている間にピットで空気を少しだけ抜いてもらえば良かったんだ」と気付く。。。
人間、苦しい時は冷静な判断が出来ないものだなと。。。

それでも、マシンの状態が良くなり、気を取り直してペースを上げる。
自分も前を走る拓海との差を僅かに詰めたが、それ以上に後ろを走っていた佐野君が猛追して一気に差を詰めてきた。
ラスト3周くらいは前を追いつつ、後ろから追われつつの、なかなか追い込んだ状況で楽しいレースが出来たが結果的には並びは変わらず、5位でゴール。
順当な順位だけど、もうちょっと前に行きたかったな~。

既にロードシーズンに向けてベース作り系のトレーニングを始めており、3月11日の茨城シクロクロスに出るかどうか検討中と言う状況。
どちらにせよ、日々のトレーニングを頑張っていきたいと思います。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート