SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

宇都宮シクロクロス Day2 澤木紀雄

2017/12/08

JCX#9 宇都宮 レースレポート】

日時:2017年12月3(日)
場所:栃木県 宇都宮市 ろまんちっく村
天候:晴れ
コンディション:ドライ〜ウェット
結果:Elite Mens 36位

〜使用機材〜
バイク:MERIDA CYCLOCROSS 9000 Msize
コンポーネート:SRAM Force1
タイヤ:
前後とも Vittoria TERRENO WET(1.70bar)
ホイール:Vittoria ELUSION DISK
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 420mm
ステム:ITM 100mm
シートピラー:ITMサドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012 ミラーレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Northwave EXTREAM Pro Socks
グローブ:Ergo Grip EBK-1201 Black/Red XLsize
ヘルメット:RH+ EXH6074 Z-Epsilon シャイニーイエロー
アップ用ローラー台:FEEDBACKSPORTS PORTABLE BIKE TRAINER
ジェル:ATHLETUNE ENERGAIN 1 (スタート20分前)SPEEDCURE 2 (ゴール後)

〜レポート〜
野辺山2daysから1週間。JCX#9宇都宮に参戦してきた。野辺山後は日々睡眠時間も確保できなかったり体調コントロールがうまく行かないなかで挑むことになってしまった。金曜夜にはアキュパワーはりきゅう院にてコンディショニングをしてもらい疲労回復に努めた。

宇都宮ろまんちっく村のコースは僕は初めて走る。昨年の平坦のパワーコース、人口砂セクション、4段丘直登り、シングルトラック、泥のキャンバー。パワーもテクニックも必要なコースだと感じた。

試走ではVittoria TERRENO WET(前輪) TERRENO DRY(後輪)で走る。DRYでもある程度の泥までなら対応できるし、パワーコースのペダリングセクションに重きを置くならこっち。けど、泥キャンバーでリアがズルズル流れるので前後ともTERRENO WET(1.70bar)にセットした。

チームテントでレースに備える。NAQIのウォームアップオイル2を脚、腰、手首に塗り、feedbacksportsのローラーでウォーミングアップを始める。冬場のレースには欠かせないアイテムばかりだ。

スタートは26番手。
スタートループからハイスピードな展開。
なるべくパックでレース展開したいが平坦の踏み区間で離されていく。テクニック云々より何故かついていけない。脚は踏めるんだが何故だか進まない。漕ぎ方を変えて見たりしてもうまくいかない。あっという間に30分経過して80%ルールで足切りとなってしまった。

今回も不甲斐ない結果となってしまった。
チームには最高な環境を用意していただいてるのに結果がでなくて申し訳ない、悶々とする。

ポジション、乗り方含めて調整する必要がある。

翌週の全日本選手権まで時間は少ないがしっかり準備をして、しっかりと走り切りたい。

たくさん応援、たくさんのサポートいつもありがとうございます。
次戦は12月10日(日)全日本選手権 野辺山に参戦します。

-レースレポート