SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

STARLIGHT CROSS(JCX/UCI) 浅井秀樹

11/3 弱虫ペダルスターライトクロス幕張のCM1のレースに参加。
青空の下気持ち良くレースに望めました。ただ、前日夜の雨によりコースは、マッドな箇所多し。観戦者の皆様には、シクロクロスのレースを存分に楽しめる状況ではなかったのでしょうか。
スタート前、気温がかなり高いのですが、コースはまだまだ水が引かず、マッドな箇所多し。

そんな中のスタート。今日は落ち着いたレース運びを念頭にスタートはいつものように飛び出さず控えめに。
1コーナーは、5〜6番手で通過。この時、リヤタイヤの空気圧がいつもより低過ぎた事に気付く。
直ぐにピットでバイクチェンジと思いましたが、この時点で4〜5位だったので、これ以上離されたくなく、とりあえず様子見。
キャンバー、直登を無難にこなせ徐々に前の選手に追いつけたのですが、やはりリヤタイヤの感覚がズルズルでダメ。
なのでたまらずピットへバイクチェンジ。
いきなりのピットもチームの対応が良く、ロスが最小限で済み再スタート。
チームに感謝!
あとは、前を追うだけ。
1周を過ぎると、後ろからは速いジュニアの選手達が...
1周を過ぎ、行きのピットでメインバイクの修正がもう完了しているので、すかさずピットへ滑り込みバイクチェンジ。
久しぶりのピットでバイクチェンジでしたが、いいチーム体制のお陰でスムーズに出来ました。
ここからまた前を猛追です。メインバイクは、足回りが軽く進みがいい。
3周目に入ると、C2/CJクラスの選手も入り乱れ、抜いたり抜かれたりの攻防。自分の走っている順位分からず。
4周目最終周のジャンを聞き、残る力を振り絞る。(ここの所不甲斐ないレースが続いているからね)
そんな中、前に何人かいる中で2人はマスターズの選手。1人ずつパス出来ましたが、最後テント裏の芝で抜き返され、ゴール前のストレートで行ければと思いましたが、ここまででした。
終わってみれば、3位でゴール!
熱い声援、応援、アドバイス、そしてチームのピット作業のおかげでここまで上げられました。
ありがとうございました。

PHOTO by Kensaku SAKAI(FABtroni+camera)

-レースレポート