SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

茨城CX #2 澤木紀雄

【JCX#1 小貝川 レースレポート】

日時:2017年10月9日(月・祝)
場所:茨城県取手市 小貝川リバーサイドパーク
天候:晴れコンディション:セミウェット〜ドライ
結果:Elite Mens C1 42位(-2Lap

〜使用機材〜
バイク:MERIDA CYCLOCROSS 9000 Msize
コンポーネート:SRAM Force1
タイヤ:Vittoria Cross XG Pro(1.75bar)チューブレス仕様
チェーン:KMC
ハンドル:ITM 420mm
ステム:ITM 110mm
シートピラー:ITMサドル:Astute SKYLINE VT
バーテープ:Magic One Silic1
ウェア:Bioracer
アイウェア:SALICE 012 ラジウムレンズ
シューズ:Northwave EXTREAM XC
ソックス:Northwave EXTREAM Pro Socks
グローブ:Ergo Grip EBK-1201 Black/Red XLsize
ヘルメット:RH+ EXH6074 Z-Epsilon シャイニーイエロー
アップ用ローラー台:FEEDBACKSPORTS PORTABLE BIKE TRAINER
ジェル:ATHLETUNE ENERGAIN 1 (スタート20分前)SPEEDCURE 2 (ゴール後)

〜レポート〜

JCXシリーズ#1 小貝川stageに参戦してきた。C2から昇格したばかりなので最後尾87番スタートとなり厳しいレースが予想された。小貝川のコースは全体的にハイスピードでパワーコース、テクニカルな部分は少なめだがコーナーの抜けの速さの積み重ねで地味に差がつく。

JCXシリーズのレベルは未体験なのでどこまで走れるかわからないが、20位以内を目標設定にして挑んだ。レース1時間前からFeed Back Sportsのローラーでアップ開始、スタート20分前にはアスリチューンの赤を飲みBCAAを摂取。

スタートライン最後尾に立つ。コーナー毎に減速加速のインターバルが続くが隙間を見つけてはすり抜けて前に前にジャンプアップする。舗装路直線区間では後ろで休んで他で前にでる。1周目終わると30番手。まずまず上がった。しばらくこの位置で展開するが最初のオーバーペースのダメージが来てペースダウン。コーナー区間ではいいペースで走れるが、舗装路、重い芝生の路面で離されてしまう。路面の突き上げで腰が激痛で全く踏めなくなってしまい、-2Lapでラップアウト。ただただ悔しい。不甲斐ない。

反省点として
①気温上昇が予想以上でタイヤ空気圧がレース中に高くなり、突き上げダメージが蓄積してしまった。
②後半になるとフォームも崩れ踏めなくなっていた。体幹部の強化が必要。

これらを踏まえて次戦にしっかり繋げていきたい。

たくさんの応援とサポートに感謝致します。

次戦は10月29日(日)JCX#3 さがえ(山形)に参戦予定です。

-レースレポート