SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

茨城CX #2 浅井秀樹

茨城シクロクロス取手小貝川ステージを走ってきました。この日気温は30度近く。
レース前のアップ20分程で、汗がダラダラと。
そして、アスリチューンを補給してスタートラインへ。

スタートリスト4番目の為、1列目右端を選択。定刻通りAM10:00にスタート。
ペダルキャッチも上手くいき、1コーナーをトップで通過。
半周程前を引いて裏の長いストレートで3人にパスされる。この時点で早くも右脚の攣りが出てきてしまった。
この日の気温の為に、身体の中の水分が尋常じゃなく出て行ってしまったのだろう。レース前の補給に関して反省です。

1周回を終えて裏のストレート途中のドロップにて、羽鳥選手と交錯。2人共大転倒。
すぐ立ち上がり走り出すも、ハンドルが曲っていたので、走りながら修正。
こうなると、走りのリズムが狂い中々前の選手との差が詰まらない。ストレートでは相変わらずの遅さ。今後の大きな課題。
更に脚は攣りが酷くなり、バイクを担ぎ越えるシケインは、情け無い走りでした。
最終周は、無駄に脚を止めないよう脚攣りと闘いながら突入。
インフィールドを無難に走り、裏のストレートへ。前に3人の姿が見えたので最後の力を振り絞り追走。
ストレート終わりのシケイン手前コーナーにて、バイクのブレーキ性能を信じてイン側に突っ込み3人をパス。
シケインを越えた所でまた脚が攣り脚が棒になったその横を代田(弟)選手にパスされる。
クソーと思いながら、ピット前のコーナーにてまたインを指し前に。
せめてこの位置をキープしたく、残り力を振り絞りましたが、ゴール手前にて代田(弟)選手にパスされ終了。
リザルト7位でレースを終えました。

この日も沢山の応援、声援、写真をありがとうございました。大きな力をいただきました。
強力なチームサポートもありがとうございました。安心して走る事が出来ました。

-レースレポート