SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

シクロクロス東京 林口幸恵

2月
今シーズンの締めくくりのレースとなる。
3月から本格的にロードレースに参戦の為、先シーズンより早めに終了とした。

お台場のコースは、言わずと知れた砂地獄!砂地練習はしてきたものの、砂によって乗車できるかが左右されるまだまだ不安定な状態。今回のレースは、砂地練の成果を試すレースと位置付けた。
試走では、空気圧を高めで走ってみる。スタート直後の砂場の入口でいきなり前転をしてしまい、右足を痛めてしまった。レースには特に問題はないようなのでよかった。砂地の直線をトレースするのはまだ練習不足のためランとなる。波打ち際の砂浜区間の乗車は問題ない。コーナーの折り返しでは降車し最短距離を通る。ランの練習はしてきていないので、なるべくぎりぎりまで乗車できる区間を伸ばす。林間区間は特に難しいところはない。あとは落ち着いて走るだけ。
レースは2列目スタート。スタートから砂地に入るところで、転倒して最後尾になってしまったが、林間区間で数名パスすることができた。まだ1周目だし、砂浜も焦らず進む。2周目で13位まで順位を上げることができた。3人ほどのパックで走る。林間区間で前に出るが、砂地のランで抜かされるの繰り返し。
結果15位でフィニッシュとなった。
前回走った時よりも砂地は走れるようにはなっている。しかし、まだまだ乗れる区間が少なすぎるし、自足もパワーも足りない。3月から始まるロードシーズンで、いかにその部分を補えるかが、来シーズンのクロスシーズンへのカギになると思う。
基礎を積み上げて3年目の今年。次のステップへ!
まだまだ自分の可能性を信じて頑張っていきたいと思います。
今シーズンサポート頂いた、スポンサーの皆様、心よりお礼を申し上げます。
また応援頂いた皆様、本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

-レースレポート