SNEL CYCLOCROSS TEAM

SNEL CYCLOCROSS TEAM Official WebSite

   

レースレポート

宇都宮CXみずほの自然の森公園 藤田拓海

CXシーズンもいよいよ終盤戦。
残り少ないレースで如何にいい順位でゴールできるか…スタート位置も先頭だったので、ゼッケン番号よりも若い順位でのゴールを今回は目指した。
あわよくば表彰台と言った感じ。(程遠かった)

今回のコースは細々としたコーナーが多く、舗装路での平坦区間では、パワーが求められるコースだった。
試走中に降ってきた雨対策として、今回はCROSS XL(マッド向き)のタイヤに変更。エアーを1.8としてレースへと向かった。

レース開始前は、そこまで緊張も無く、落ち着けていた。
カウントダウンが始まり、笛の合図と同時にスタート。
クリートキャッチもうまく決まり、SNELのワンツー体制で1コーナーに入る。
しかし、後ろにはヴリッツェンの小坂光選手がベタ付ける。
そして、2つ目のコーナーで前に行かれてしまう。
何とか付いて行こうと後ろに付くが、圧倒的なパワー差に為すすべ無し。そのまま後退してしまう。

オープニングラップが終わった時点での順位は4位。このままの順位を維持したかったが、後ろにはCX界のレジェンド、小坂正則選手が迫る。
コーナーで何とか抑えてたものの、やはり平坦区間で抜かされてしまう。
これで2周が完了し、3周目に突入。コースにも慣れてきてタイヤもいつも以上に信用できていたので思い切ってコーナーも曲がれた。
後続との差も開いている事だろうと思ったらそれが大間違い。後ろから詰められていた。私もキツイ中ペースを上げるが差はみるみる縮まって行く。
4周目に入る辺りでまたしても順位を下げてしまう。

しかしここで思わぬ物を目にする。私のチームメイトでもある中村龍太郎選手がレースを降りていたのだ。
何があったのかわからないが、龍太郎さんの為にも表彰台は目指そうとさらに気合が入る。
前の選手を抜かせば表彰台という事もあり、一段階ペースを上げ、コーナー区間で徐々に差を詰める。そして9秒まで追い詰めた。
しかし、相手も私の気配に気付いたのがペースを上げられまたしてもタイム差は開いてしまった。
その後は大きな展開は無く、そのままの順位でゴール。結果は4位となった。

シーズン開幕当初に比べ、C1のスピードにも順応できるようになってきたが、やはりパワーがまだ足りない。
足らな過ぎる。しかし、今週の東京CXが実質今シーズン最後のレースなので、もうやれることは殆どない。
しかし、それに向けての練習はしっかりやって行こうと思います。
そしてなりよりも、今シーズン最後のレースという事なので楽しんでシーズンを締めくくりたいと思います。
来週も応援よろしくお願いします。

-レースレポート